30歳女性が体調不良でスピリチュアルカウンセラーに除霊してもらった

何となく体が重い、家にいると気分が沈む、家の波動がよくない気がする、こんなことをずっと感じながら家に住んでいました。何かおかしいとは思いながらも、まさか自分に憑依霊がついているとは思いませんでした。
霊がついていると知ったのは、スピリチュアルカウンセリングを受けているときです。他のことで相談をしていたのですが、家の状態がよくないという話になり、霊がついていることを指摘されました。
そのときには「まさか自分に霊がついているとは」という気持ちになりました。
これまでいろいろなスピリチュアル関係の本を読んできて、霊がついている人はネガティブ感情がある、霊がついているとおかしな行動をするなど、本で紹介されていることがありました。自分はこのようなことに当てはまらないので、霊なんてついていないと思っていたのです。
しかし、スピリチュアルカウンセリングを受けているときに霊がついていることが判明しました。その霊は住んでいる家に前からいたようで、そこに私が住み続けたことによってついてしまったそうです。
霊がついていることによって、私の体は重くだるく、いつも調子が悪いことがわかりました。病院に行ってサプリメントを処方してもらったり、運動をしたり、漢方薬を飲んだりしても体調がよくならかなったのは、このせいなのかもしれません。
スピリチュアルカウンセラーの方は、レーザーポインターのようなものを使って体全体に緑に光を当てて除霊してくれました。
幣を使って除霊をしているシーンをテレビでみたことがあるので、もっと大々的にやるのかと思っていたのですが、あっという間に終わってしまいました。その時間は数秒程度だったと思います。
「これだけで除霊されたの?」と思ったのですが、除霊後は体が軽くなったのでちゃんと除霊されているのだと思います。
自分では気がつかなかった憑依霊をとってもらうことができ、それによって体調が良好になってよかったです。