31歳女性 体調不良に悩まされ、お寺で除霊をしました。

私は30代女性で会社員です。
除霊を行ったのは、私が20後半の時でした。その頃私は実家を離れ、初めての一人暮らしを始めることになりました。しかし、新しい部屋に引っ越して一ヶ月も経たないうちに体調不良に悩まされるようになったのです。なぜか朝目覚めると大量に汗をかいており、喉もカラカラでした。また眠りが浅いのか、日中は頭がボーッとすることが多くなりました。仕事中上の空になったり、小さなミスが増えたり、周りからも心配されるほどでした。
ある日、小さな物音に気がついて夜中に目が覚めました。カタカタという音が不定期に鳴っていたので、私は体を動かそうとしました。すると体が石のように固まり、全く動きません。目だけがかろうじてキョロキョロ動かせる状態でした。
すると、何やら白い煙のようなぼんやりしたものが無数に私の部屋を飛び回っていたのです。白い煙のいくつかは私を見おろすようにジッとこちらを向いていました。恐怖で気を失いかけましたが、いつの間にかウトウトしていたようで朝を迎えました。
その事を霊感のある友人に話したところ、友人から直ぐに除霊した方がいいと促されました。そして友人がすすめるお寺に除霊へ行きました。
お寺の方は私を見るなり、何か言いたげな悲しそうな表情をされました。気になりましたが、私はそれより早く除霊を受けたくてウズウズしていました。
除霊は思っていたよりあっさりしたもので、時間にして10分程度でした。終えた後、左肩がなぜか軽くなりました。
除霊を終えると、お寺の方が私に「今いる部屋は直ぐに出なさい。霊の通り道となっていて、中にはあなたに取り憑くものもいます。」と言われました。
お寺の方の言うとおり、私は直ぐに引っ越しをしました。引っ越しをしてからは以前のような体の不調は起こらなくなりました。仕事にも集中できるようになり、元の自分に戻ったのだとホッとしました。あの時友人に除霊をすすめてもらい、本当に良かったと思います。